くらし情報『なぜ国民的キャスターが人間狩りの標的に?『トラップ 劇場版』予告編解禁』

2019年11月8日 16:00

なぜ国民的キャスターが人間狩りの標的に?『トラップ 劇場版』予告編解禁

なぜ国民的キャスターが人間狩りの標的に?『トラップ 劇場版』予告編解禁


(C) CJ ENM Co., Ltd. All Rights Reserved.

家族を愛する国民的キャスターに仕掛けられた非情な罠を描いたサスペンス映画『トラップ 劇場版』が、シネマート新宿、シネマート心斎橋にて開催中の特集上映「のむコレ3」内にて12月4日より上映されることが決定。その予告編が解禁となった。

・『トラップ 劇場版』その他のビジュアル

本作は、韓国のテレビ局OCNが2019年に創立した<ドラマチック・シネマ・プロジェクト>の記念すべき第1作。東野圭吾原作『白夜行 -白い闇の中を歩く-』のパク・シヌ監督がメガホンをとり、本格派クライムサスペンスとして好評を博したテレビドラマ『TEN』のナム・サンウクが脚本を手掛けた本格ミステリーだ。1話約70分、全7話のテレビドラマ版『トラップ 〜最も残酷な愛〜』の12月4日DVD発売にあわせて、3時間の劇場映画として編集されたものが上映される。

江原道(カンウォンド)の病院の救急室に、国民的キャスターであるカン・ウヒョン(イ・ソジン)が全身にケガを負いショック状態で搬送されてくる。やがて意識を取り戻した彼の口から、結婚10周年の記念に妻と息子と山へ出かけたこと、そこで見知らぬ男たちに妻と息子を連れ去られ“人間狩り”のターゲットとなったことが語られる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.