くらし情報『石田ゆり子「クラシックギター買いました!」いつかは福山雅治とセッション?』

2019年11月13日 20:25

石田ゆり子「クラシックギター買いました!」いつかは福山雅治とセッション?

石田ゆり子「クラシックギター買いました!」いつかは福山雅治とセッション?


石田ゆり子(左)と福山雅治(右)

福山雅治石田ゆり子が、11月13日にTOHOシネマズ 六本木ヒルズにて行われた映画『マチネの終わりに』公開記念舞台挨拶に登壇。観客への感謝を伝えると共に、本作を通して自身に起きた変化などを語った。石田はギターを買ったことを初告白し、福山を含め会場全員を驚かせた。

・『マチネの終わりに』公開記念舞台挨拶、その他の写真

本作は、芥川賞作家・平野啓一郎の同名小説を『ガリレオ』シリーズの西谷弘監督で映画化。東京・パリ・ニューヨークの街を舞台に、音楽家とジャーナリストの男女2人が出会い、悩み、愛した6年間を描く、切なくも美しい大人のラブストーリー。世界的なクラシックギタリストの蒔野聡史を福山が、パリの通信社に勤務するジャーナリスト・小峰洋子を石田が演じている。本編の上映終了後にステージに福山と石田、西谷監督が姿を現すと、余韻に浸っていた場内は一転、歓声であふれた。

石田はパリでの撮影を振り返り「パリのカメラマンがとにかく優しくて。私のセリフが飛んだりしても『大丈夫だよ〜』って優しく抱きしめてくれるんです」と回想。司会が「日本ではなかなかそんなことないですよね?」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.