くらし情報『YOSHIKI、実はホラーが苦手「見る時は指のすき間から」』

2019年11月15日 18:32

YOSHIKI、実はホラーが苦手「見る時は指のすき間から」

YOSHIKI、実はホラーが苦手「見る時は指のすき間から」


YOSHIKI

映画『ブライトバーン/恐怖の拡散者』の初日舞台挨拶が11月15日にTOHOシネマズ 六本木ヒルズにて行われ、ブランドン役のジャクソン・A・ダン、デヴィッド・ヤロヴェスキー監督、衣装のオータム・スティードが登壇。スペシャルゲストのYOSHIKIと、天才マジシャン・セロも駆けつけた。

・『ブライトバーン/恐怖の拡散者』初日舞台挨拶、その他の写真

子どもができずにずっと苦しんでいたトーリ(エリザベス・バンクス)のもとにある日、謎めいた赤ちゃんが到来し、夢が実現する。聡明で、才能にあふれ、好奇心旺盛な男の子・ブランドン(ダン)は家族にとってかけがえのない存在になった。しかし12歳で反抗期を迎えたブランドンの中に、強烈な闇が現れ、次々と異常な力を発揮し始める。やがて彼のスーパーパワーは、カンザス州ブライトバーンをとてつもない恐怖に陥れていく……。『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズの監督、ジェームズ・ガンが本作のプロデュースをつとめ、ホラー・SF・サスペンス・ドラマなど、複数のジャンルの垣根を超えた“ジャンルMIX作品”となっている。

今回初来日を果たしたジャクソン君とヤロヴェスキー監督、本作の衣装を担当し監督の妻でもあるスティードが登壇。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.