くらし情報『佐藤健が飛び入り参加!「監督が急にバナナを…」ラストシーン撮影秘話語る』

2019年11月18日 11:52

佐藤健が飛び入り参加!「監督が急にバナナを…」ラストシーン撮影秘話語る

佐藤健が飛び入り参加!「監督が急にバナナを…」ラストシーン撮影秘話語る


佐藤健

白石和彌監督が、11月17日にTOHOシネマズ 日比谷にて行われた映画『ひとよ』のティーチイン・イベントにに出席し、途中から主演の佐藤健が飛び入りで登場した。2人が細部にこだわったラストシーンの撮影秘話を明かし、最後に次回作の構想についても言及した。

・『ひとよ』ティーチイン・イベント、その他の写真

15年前のある夜、稲村タクシーの営業所で両親の帰りを待つ三兄妹の大樹、雄二、園子。帰ってきたのは母1人。そして「お母さん、さっき……おとうさんを殺しました」と衝撃の言葉を口にする……。劇団KAKUTAの舞台を、白石和彌監督で映画化した本作は、子どもたちのために父親を殺害してしまった母と、子どもたちの複雑な感情が綴られたヒューマンドラマ。

最初に1人で登壇した白石監督。1問質疑を終え、「誰か来られないか?とTwitterでつぶやいたら、音尾琢真君がすぐに『行けない』と返答してきた」とジョークを飛ばしていると、稲村家の次男・雄二を演じた佐藤が飛び入り参加!この粋なサプライズに観客は大興奮。観客からの質問も熱を帯びたものとなった。

カットされて残念だったシーンについて、佐藤は「カットされることに関して僕は前向き。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.