くらし情報『テイラー・スウィフトの版権騒動に進展、非難集中の元凶レーベルが譲歩』

2019年11月19日 20:09

テイラー・スウィフトの版権騒動に進展、非難集中の元凶レーベルが譲歩

テイラー・スウィフトの版権騒動に進展、非難集中の元凶レーベルが譲歩


テイラー・スウィフトのTwitterより

テイラー・スウィフトは以前所属していたレーベルからの圧力で、過去に発表した自作の楽曲をパフォーマンスできないと訴えていたが、状況に進展があったようだ。

テイラーはデビューから2018年まで「ビッグマシン・レコーズ」に所属していたが、創業者でCEOのスコット・ボーチェッタと同社を今年6月に買収したスクーター・ブラウンが過去の楽曲の原盤権を所有したことで、現在過去の楽曲の演奏を禁止されているという。

テイラー・スウィフト、たった24時間で約6万5000人を動かす!

ブラウンはジャスティン・ビーバーアリアナ・グランデ、カニエ ・ウエストなどのマネージメントを手がける業界の大物だ。

テイラーがSNSで「ほかにやりようがない」と書き込んだ長文によると、11月24日(現地時間)開催のアメリカン・ミュージック・アワード(AMA)授賞式で過去10年間の自身のヒットメドレーをパフォーマンスする予定でいたが、ボーチェッタとブラウンからテレビで過去曲を歌うのを禁じられたという。両氏の言い分は、テレビでのパフォーマンスは過去曲を「来年再レコーディングしてから」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.