くらし情報『北村匠海、山崎まさよしとのMステ出演振り返り「すごいことになってるな」』

2019年11月25日 12:54

北村匠海、山崎まさよしとのMステ出演振り返り「すごいことになってるな」

北村匠海、山崎まさよしとのMステ出演振り返り「すごいことになってるな」


山崎まさよし(左)と北村匠海(右)

山崎まさよしと北村匠海が、11月23日に丸の内TOEIで行われた映画『影踏み』の大ヒット御礼舞台挨拶に登壇。映画ヒットの感謝を直接観客に伝え、イベント前日に2人で生出演した音楽番組「ミュージックステーション」の感想などを語り合った。

・『影踏み』大ヒット御礼舞台挨拶、その他の写真

本作は『64ロクヨン』『クライマーズ・ハイ』などで知られる横山秀夫の同名小説を映画化。深夜に寝静まった民家に侵入し盗みを働く泥棒、通称“ノビ師”の真壁修一が、ある日の深夜、県議会職員宅に忍び込み、放火殺人未遂を偶然に目撃したことがきっかけで、真壁の過去が呼び覚まされ、彼を取り巻く運命が変わっていく。山崎が真壁役で14年ぶりの映画主演をつとめる。舞台挨拶には主演の山崎まさよし、共演の北村匠海、メガホンをとった篠原哲雄監督が登壇し、3人が姿を現すとあふれんばかりの拍手と大歓声が沸き起こった。

山崎は「今日は本当に満員御礼で。あとで大入袋をもらおうかと思います!」と冒頭から会場の笑いを誘い、篠原監督も「ここ丸の内TOEIは日本の中でも古くからある映画館で、今日『影踏み』でここに立つことができて本当に嬉しいです」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.