くらし情報『錦織圭がヒーローと語る、日本テニス界に貢献した人物とは?』

2019年11月27日 16:18

錦織圭がヒーローと語る、日本テニス界に貢献した人物とは?

錦織圭がヒーローと語る、日本テニス界に貢献した人物とは?


錦織圭選手

プロテニスプレイヤーの錦織圭選手が、11月27日にティアラこうとうにて行われたLIXIL東京2020パラリンピック聖火ランナー募集 記者発表会に出席。来年に迫った東京オリンピックへの意気込みなどを語った。

・錦織圭選手、その他の写真

2020年東京オリンピック・パラリンピックのゴールドパートナーである株式会社LIXILは、本日11月27日よりパラリンピック聖火リレーランナーの募集を開始する。集まったメディアに向けて募集の概要が発表され、LIXIL公式アンバサダーをつとめる錦織選手と、パラ陸上競技の佐藤圭太選手、LIXIL社員でパラバドミントンの長島理選手が登壇した。

この日は聖火リレーで使用されるトーチを披露。トーチの素材には東日本大震災被災地の、仮設住宅の窓などに使われていたアルミが再利用されている。トーチを見た感想を錦織選手は「見た目がすごくきれい。ネックレスにしたいくらい。仮設住宅から作られたとのことで、思いが詰まっていると思います」と語り、3人1組で行われるリレーのトーチキス(トーチの先端を合わせて火を受け継ぐこと)の実演も行われた。

今回LIXILが募集するリレーランナーには自薦のほか、“周りに夢や希望を与えてくれるヒーローのような存在”の人物を、推薦でも応募することができる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.