くらし情報『ジブリの名作『天空の城ラピュタ』をスクリーンで!9日間限定の特別企画』

2019年12月1日 12:00

ジブリの名作『天空の城ラピュタ』をスクリーンで!9日間限定の特別企画

ジブリの名作『天空の城ラピュタ』をスクリーンで!9日間限定の特別企画


(C) 1986 Studio Ghibli

ジブリの名作『天空の城ラピュタ』をスクリーンで!9日間限定の特別企画

宮崎駿監督による不朽の名作『天空の城ラピュタ』が、調布市の映画祭「映画のまち調布 シネマフェスティバル2020」にてスクリーン上映されることが決定した。

・[関連]宮崎駿監督が引退を撤回、新作のためのスタッフ募集を開始

東京都調布市では2020年2月14日から3月8日に、映画の作り手にスポットを当てた映画祭「映画のまち調布 シネマフェスティバル2020」を開催。特別企画として、1986年公開のスタジオジブリ制作長編アニメ『天空の城ラピュタ』をスクリーン上映する。

前回の映画祭では、同じくスタジオジブリの『風の谷のナウシカ』を上映。全席完売となった回もあり、上映後には会場から大きな拍手が贈られた。上映会終了後も大きな反響があり、スタジオジブリ作品のスクリーン上映を期待する多くの声が寄せられたという。

その声に応え、今回も9日間にわたりイオンシネマ シアタス調布にて『天空の城ラピュタ』を上映。526席を構えるスクリーン10は、幅約20メートルの大型スクリーンに映し出される高画質映像と、イオンシネマ独自の4ウェイ立体音響システム「ULTIRA(ウルティラ)」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.