くらし情報『石橋蓮司18年ぶりの主演作は激シブ共演陣とのハードボイルドコメディ』

2019年12月4日 05:00

石橋蓮司18年ぶりの主演作は激シブ共演陣とのハードボイルドコメディ

石橋蓮司18年ぶりの主演作は激シブ共演陣とのハードボイルドコメディ


(C) 2019「一度も撃ってません」フィルムパートナーズ

俳優・石橋蓮司が18年ぶりに映画主演をつとめる『一度も撃ってません』の公開日が決定。共演は大楠道代、岸部一徳、桃井かおりといった日本映画界を代表するシブすぎる俳優が固める。メガホンをとるのは稲垣吾郎主演『半世界』(19年)の阪本順治監督。

・永作博美、初共演の石橋蓮司は「ちょっと恐いかなと思っていたらお茶目な方」

本作の主人公・市川進(石橋)は、ハードボイルドを気取っているが、今やまったく原稿が採用されない時代遅れの作家。そんな彼には旧友・石田和行(岸部)から依頼を請け負う、伝説の殺し屋・サイレントキラーというもうひとつの顔があるが、標的の行動をリサーチするだけで、実際の殺しは今西友也が行っていた。ある日、石田が中国系のヒットマンから命を狙われ、市川にも身の危険が迫る。そんな市川の行動に不審を抱いた妻の弥生(大楠)は、夫の浮気を疑って市川の立ち回り先を調べ始める。

一方、市川はヒットマンを返り討ちにするため今西を探すが、見つけた今西は酔って仕事ができない状態だった。市川行きつけのバー「Y」に現れた弥生は、市川と旧知の女性・玉淀ひかる(桃井)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.