くらし情報『宮沢りえ、デビュー作『ぼくらの七日間戦争』振り返り「劣等感がありました」』

2019年12月14日 08:22

宮沢りえ、デビュー作『ぼくらの七日間戦争』振り返り「劣等感がありました」

宮沢りえ、デビュー作『ぼくらの七日間戦争』振り返り「劣等感がありました」


宮沢りえ

アニメーション映画『ぼくらの7日間戦争』初日舞台挨拶が12月13日にTOHOシネマズ 日比谷にて行われ、北村匠海(鈴原守役)、芳根京子(千代野綾役)、宮沢りえ(中山ひとみ役)、村野佑太監督が登壇した。

・『ぼくらの7日間戦争』初日舞台挨拶、その他の写真

本作は、1985年から絶え間なくシリーズ出版が続き、累計発行部数2000万部を突破した宗田理の人気小説をアニメ映画化。1988年に宮沢りえ主演で映画化された実写版から約30年が経過した2020年の北海道を舞台に、少年少女たちと大人たちの戦いが描かれる。

満員の客席を見渡した宮沢は「30年前のことを知っている人はほとんどいないんでしょうね」と発言すると「まさか30年後に(宮沢が演じた役である)中山ひとみとして、作品に出演するとは思っていませんでした」と感慨深い表情を見せる。当時15歳だった宮沢は実写版の『ぼくらの七日間戦争』がスクリーンデビュー作。戦車に乗ったひとみの姿は、大きな反響を呼んだが「映画が公開されると『あの映画は私の青春です』などと、とてもいい感想をいただき、この作品がデビュー作で良かったなと思っていました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.