くらし情報『性的暴行加害者への避難、環境保護への気運高まる!/2019年重大ニュース』

2019年12月23日 20:09

性的暴行加害者への避難、環境保護への気運高まる!/2019年重大ニュース

性的暴行加害者への避難、環境保護への気運高まる!/2019年重大ニュース


二の腕に「F―k Harvey(くそったれ、ハーヴェイ)」と書き、性的暴行加害者が恩恵を受けてしまうシステムに抗議するエミリー・ラタコウスキー

2019年、エンターテインメントやセレブをめぐるニュースは例年以上に現実社会の問題と深く関わるものが多かった。

●性暴力加害者ワインスタインと複数原告の暫定の和解成立

2017年から始まった#MeToo運動のきっかけとなった、ハリウッドの元大物プロデューサー、ハーヴェイ・ワインスタインによる性暴力事件の訴訟で、被害を訴えた30人以上の女性に対して和解金2500万ドルを支払うことで和解が成立した。

ワインスタイン本人は破産を検討、彼の映画会社「ワインスタイン・カンパニー」はすでに破産を申請し、事業閉鎖に伴って支払われる保険金4700万ドルから和解金が支払われる。ワインスタイン本人は和解金を支払う必要も、また罪を認める必要もないという。

・和解金27億円で合意のワインスタイン、新たなレイプ行為で告発される

このニュースには非難が殺到し、モデルで女優のエミリー・ラタコウスキーは映画のプレミアに出席した際、レッドカーペットで「F―k Harvey(くそったれ、ハーヴェイ)」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.