くらし情報『1エピソードに16億円投下! Apple TV+が動画配信のクオリティを加速させる』

2020年1月4日 06:02

1エピソードに16億円投下! Apple TV+が動画配信のクオリティを加速させる

1エピソードに16億円投下! Apple TV+が動画配信のクオリティを加速させる


『SEE〜暗闇の世界〜』Apple TV+で公開中

(#1/Netflixのすごすぎる実力! 音も映像も高品位で賞レースがらみの秀作がズラリ)

【音も映像も内容も! 進化する動画配信サービス/#2】
全作品オリジナルコンテンツ
アップル初の定額制映像ストリーミングサービス

そんな動画配信サービスのオリジナルコンテンツ重視および高画質化&高音質化の流れをさらに勢いづける存在になると目されているのが、2019年11月にアップルが提供を開始した動画配信サービス「Apple TV+」だ。これまでiTunes Storeでレンタル&ダウンロード事業を中心に展開してきたアップルにとって、Apple TV+は初の定額制映像ストリーミングサービスとなる(月額税込600円、年払いで6000円)。アップル提供のサービスということで、iPhoneやiPad、Mac、Apple TVなどのユーザーでないと視聴できないような印象を持ってしまうが、入会すれば他社のアプリ内蔵テレビやWindows PCのブラウザーなどでも簡単に見ることができる(初回加入時には7日間無料)。

Apple TV+の最大の特徴は、全作品がオリジナルコンテンツである上に、多くの作品で4K/Dolby Vision(ドルビービジョン)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.