くらし情報『草刈民代、ワタナベエンターテインメント所属に「さらに自分を磨き、仕事に邁進していきたい」』

2020年1月6日 19:11

草刈民代、ワタナベエンターテインメント所属に「さらに自分を磨き、仕事に邁進していきたい」

草刈民代、ワタナベエンターテインメント所属に「さらに自分を磨き、仕事に邁進していきたい」


草刈民代

元バレリーナで現在は女優として活躍する草刈民代が、本日1月6日よりワタナベエンターテインメントに所属することが発表された。

・[関連]結婚15周年を迎えた周防正行監督と草刈民代夫妻が語る夫婦円満の秘訣とは?

バレリーナ時代にはレニングラード・バレエシアターやモスクワ音楽劇場、レニングラード国立バレエ、新国立劇場バレエなどにゲスト出演。故ローラン・プティ氏の作品にも多数参加し、世界的に活躍を果たした草刈。女優としても映画『Shall we ダンス?』で主演をつとめ、第20回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞、新人女優賞などを受賞。夫である周防正行監督の最新作『カツベン!』ほか、現在も数々の映画やテレビ、CM、舞台に出演。また女優業だけでなく舞台のプロデュースも手がけ、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会では顧問をつとめるなど、多方面で活動している。

ワタナベエンターテインメントは、瀬戸康史・志尊淳などの俳優、お笑い芸人のほかに、Little Glee Monsterなどのミュージシャンや林修など、幅広い分野で活躍する文化人・著名人のマネジメントも行う。草刈は「この度ご縁がございまして、ワタナベエンターテインメントに所属することになりました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.