くらし情報『松本穂香が「酔うと化け物になる父」と格闘!実録コミックエッセイ映画化に主演』

2020年1月9日 18:00

松本穂香が「酔うと化け物になる父」と格闘!実録コミックエッセイ映画化に主演

松本穂香が「酔うと化け物になる父」と格闘!実録コミックエッセイ映画化に主演


(C) 菊池真理子/秋田書店 (C)2019 映画「酔うと化け物になる父がつらい」製作委員会

松本穂香主演で、「涙がとまらない」と反響を呼んだ実録コミックエッセイを映画化した『酔うと化け物になる父がつらい』の予告編とポスタービジュアルが解禁となった。本作で松本は、酔うと“化け物”になる父に振り回され、格闘する長女・サキを演じる。

・『酔うと化け物になる父がつらい』ポスタービジュアル

本作は、アルコールに溺れる父を持った作者・菊池真理子の実体験に基づくコミックエッセイが原作。主人公・田所サキを演じるのは、TBS日曜劇場『この世界の片隅に』(18年)で注目されて以降、主演映画が立て続けに公開され、目覚ましい活躍をみせる女優・松本穂香。自分の気持ちに蓋をするサキの感情の機微を、繊細な演技で体現する。

酔うと“化け物”になるサキの父・田所トシフミを演じるのは、唯一無二の存在感で名バイプレーヤーとしても名高い演技派・渋川清彦。サキを苦しめる存在でありながらも、どこか憎みきれない雰囲気を感じさせる。さらに、ともさかりえ、今泉佑唯、恒松祐里、濱正悟、浜野謙太といった個性豊かな俳優陣が集結する。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.