くらし情報『三谷幸喜、新生・PARCO劇場で新作上演「脚本はできてます、僕の頭の中に」』

2020年1月15日 14:55

三谷幸喜、新生・PARCO劇場で新作上演「脚本はできてます、僕の頭の中に」

三谷幸喜、新生・PARCO劇場で新作上演「脚本はできてます、僕の頭の中に」


三谷幸喜

三谷幸喜が1月15日に渋谷PARCOで行われた、PARCO劇場お披露目&オープニング・シリーズ記者会見に出席。脚本・演出をつとめる自身のオリジナル新作舞台について「本(脚本)はもうできています、僕の頭の中に」と話すなど、出席者との軽妙なトークで会場を盛り上げた。

・PARCO劇場お披露目&オープニング・シリーズ記者会見、その他の写真

渋谷PARCO建替えのため、2016年夏より休館していた「PARCO劇場」が再び渋谷の地に帰ってきた。1月24日からのこけら落とし公演「志の輔らくご 〜PARCO劇場こけら落とし〜」、2月12日からの「ラヴ・レターズ 〜こけら落としスペシャル〜」に続き、3月13日から5月上旬まで、オープニング・シリーズとして全14作品を上演する。この日は生まれ変わった新生・PARCO劇場がお披露目され、オープニング・シリーズの中から11作品のクリエイター・キャストによる記者会見が行われた。

司会・藤井隆の進行で、最初に登場したのは「ピサロ」の渡辺謙と宮沢氷魚。35年前には山崎努が演じていたタイトルロールを引き継ぐ渡辺は、「西武劇場(PARCO劇場の旧名)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.