くらし情報『高橋幸宏&野宮真貴、名作映画『男と女』への愛を語る』

2020年1月20日 14:19

高橋幸宏&野宮真貴、名作映画『男と女』への愛を語る

高橋幸宏&野宮真貴、名作映画『男と女』への愛を語る


左から野宮真貴、高橋幸宏

ミュージシャンの高橋幸宏と歌手の野宮真貴が、1月17日にスペースFS汐留にて行われた映画『男と女 人生最良の日々』公開記念トークイベントに出席。1966年製作の『男と女』の絶大なファンである2人が、作品への思い入れや“大人の恋愛のたしなみ方”について語った。

・映画『男と女 人生最良の日々』公開記念トークイベント、その他の写真

男女の機微を見事に描いた恋愛映画の金字塔として今なお語り継がれる、クロード・ルルーシュ監督の名作映画『男と女』は、1966年に製作され、カンヌ国際映画祭で最高賞“パルムドール”を、米アカデミー賞で最優秀外国語映画賞を受賞。その続編となる映画『男と女 人生最良の日々』は、第1作目から53年後の主人公の男女2人の物語を描き、アヌーク・エーメとジャン=ルイ・トランティニャンが当時と同じ役柄で再び共演を果たしている。

イベントのゲストは、1967年の日本公開当時、『男と女』を劇場で18回も鑑賞した高橋と、2016年に『男と女』50周年記念としてフランシス・レイの世界的名曲「男と女」をオフィシャル・サポーター・ソングとして発表した野宮という、『男と女』を愛してやまない2人。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.