くらし情報『『1917 命をかけた伝令』がアメリカ製作者組合賞受賞、オスカーに一歩近づく』

2020年1月20日 20:00

『1917 命をかけた伝令』がアメリカ製作者組合賞受賞、オスカーに一歩近づく

『1917 命をかけた伝令』がアメリカ製作者組合賞受賞、オスカーに一歩近づく


『1917 命をかけた伝令』
(C)2019 Universal Pictures and Storyteller Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.

2月発表の第92回アカデミー賞の前哨戦が次々行われているが、作品賞の行方を占うアメリカ製作者組合(PGA)賞が発表され、『1917 命をかけた伝令』が受賞し、大混戦の作品賞レースから頭一つ抜きん出た。

・歴史的快挙! 韓国映画『パラサイト』が全米俳優組合賞受賞

サム・メンデス監督と撮影監督のロジャー・ディーキンスが、全編ワンショットに見えるようあらゆる技術を駆使して撮った『1917〜』はアカデミー賞では作品賞、監督賞など10部門にノミネートされている。今回のアカデミー賞作品賞候補9本中で全米公開が最も遅かったが、ギリギリのタイミングで候補になった第77回ゴールデン・グローブ賞でいきなり作品賞を受賞。そして過去2年の受賞作(『シェイプ・オブ・ウォーター』『グリーン・ブック』)を始め、オスカー受賞に直結するケースが非常に多いPGA賞を受賞したことで、一気に勢いがついた感がある。

ただし、アカデミー賞に投票権を持つ会員が最も多く在籍する全米映画俳優組合(SAG)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.