くらし情報『綾野剛&北川景子が刑事役で初バディ!『ドクター・デスの遺産』実写映画化』

2020年1月27日 11:44

綾野剛&北川景子が刑事役で初バディ!『ドクター・デスの遺産』実写映画化

綾野剛&北川景子が刑事役で初バディ!『ドクター・デスの遺産』実写映画化


北川景子と綾野剛
(C)2020「ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-」製作委員会

映画『パンク侍、斬られて候』で共演した俳優の綾野剛と北川景子が、新作映画映画『ドクター・デスの遺産−BLACK FILE−』にて、刑事役で初めてバディを組むことが分かった。それぞれが本作にかける意気込みなどを語ったメッセージが届いている。

・綾野剛×北川景子、初共演ではラブストーリー演じた?/映画『パンク侍、斬られて候』特別映像

本作は、2010年「さよならドビュッシー」で、このミステリーがすごい!大賞を受賞して作家デビューし、“どんでん返しの帝王”の異名を取り、数々のミステリー小説を世に送り出す作家・中山七里の同名小説を原作とするクライムサスペンス。安楽死を手口とする連続殺人犯と刑事の攻防戦をスリリングに描き出す。

綾野は今回、主人公の警視庁捜査一課の敏腕刑事・犬養隼人を演じる。北川は冷静沈着な女性刑事・高千穂明日香として、犬養のバディ役を担う。監督は『神様のカルテ』『チェイス』など人間ドラマからサスペンスまで幅広い作品で手腕を発揮してきた深川栄洋。撮影は、2019年7月〜8月の真夏に行われ、現在は編集中だという。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.