くらし情報『新田真剣佑の“美声ナマ歌”に会場ざわざわ!』

2020年2月3日 12:07

新田真剣佑の“美声ナマ歌”に会場ざわざわ!

新田真剣佑の“美声ナマ歌”に会場ざわざわ!


新田真剣佑

俳優の新田真剣佑と北村匠海が2月1日、TOHOシネマズ 日比谷で行われたW主演映画『サヨナラまでの30分』の公開御礼舞台挨拶に萩原健太郎監督とともに登壇。真剣佑は、本作の音楽プロデューサー・内澤崇仁氏から絶賛された美声でナマ歌を披露した。

・『サヨナラまでの30分』公開御礼舞台挨拶

本作は、映画『君と100回目の恋』(17年)などを手がけた大島里美脚本のオリジナル音楽ラブストーリー。カセットテープを通じて、1年前に死んだバンド「ECHOLL」のボーカル宮田アキ(真剣佑)と30分だけ入れ替わることができる大学生の窪田颯太(北村)、アキの恋人の村瀬カナ(久保田紗友)らが織りなす青春模様を描く。

真剣佑は、公開後の周囲の反響について「周りの方々が観てくれていて、毎回何度か泣いたという報告を受けています。3回泣いたという方が多い」と報告。北村は「僕は4回泣きました!」と自己申告し、「自分が演じているのを見ているのに、こらえきれなかった」と感慨深げに振り返った。

MCから、SNSでは「頭が痛くなるほど泣いた」といったコメントもあると紹介されると、真剣佑は「僕も以前舞台を見た時に“頭が痛くなるほど泣いた”ことがあるんですけど、あのくらいってことですよね!? 相当ですよ!(笑)」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.