くらし情報『元欅坂46今泉佑唯、初クラブにドキドキ「すごいテンション上がっちゃった」』

2020年2月3日 14:32

元欅坂46今泉佑唯、初クラブにドキドキ「すごいテンション上がっちゃった」

元欅坂46今泉佑唯、初クラブにドキドキ「すごいテンション上がっちゃった」


左から笠松将、今泉佑唯、吉川愛、萩原みのり、大野いと、宇賀那健一監督

元欅坂46の今泉佑唯が1月31日、渋谷・ホワイトシネクイントで開催された映画『転がるビー玉』の先行公開初日舞台挨拶に吉川愛、萩原みのり、笠松将、大野いと、宇賀那健一監督とともに登場。自身の役どころや“初クラブ”の感想などを語った。

・『転がるビー玉』先行公開初日舞台挨拶、その他の写真

本映画は、ファッション&カルチャーマガジン「NYLON JAPAN(ナイロンジャパン)」の創刊15周年記念プロジェクト作品。再開発が進む渋谷の片隅にある古い家屋でルームシェアをする女の子3人の青春模様をつづる。

吉川は自身が演じた愛について「すごく努力しているのに必死にもがいているのに、全然売れなくて、どんどん自分が追い詰められていく役」と解説。続けて「モデルという仕事をずっとやっていたわけではないので、足を綺麗に見せるポーズとか、洋服が上手く写るポーズとか難しいなと思いました」と意識した点を話した。

NYLON編集部で働く瑞穂を演じた萩原は「劇中で1番好きなセリフは『どこに帰りたいんだろうね』っていう言葉」とコメント。家にいても落ち着かない、会社でも何となく居場所がない、啓介(笠松)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.