くらし情報『高杉真宙、理想の先輩は六角精児!?』

2020年2月13日 20:35

高杉真宙、理想の先輩は六角精児!?

高杉真宙、理想の先輩は六角精児!?


高杉真宙と六角精児

高杉真宙と六角精児が2月13日に新宿バルト9で行われた映画『前田建設ファンタジー営業部』の大ヒット記念舞台挨拶に登壇。高杉は会社を舞台にしたこの映画にちなみ、理想の大人について熱く語った。

・高杉真宙と六角精児の仲睦まじい舞台挨拶写真

本作は、建設業界の新市場を切り開き、【マジンガーZの格納庫】の建設設計に本気で挑んだ、熱きサラリーマンたちの実話から生まれた感動の積算エンターテインメント。ダム、トンネルなど数々の大プロジェクトに携わってきた実存する組織、前田建設工業株式会社の“ファンタジー営業部”の社員たちと、彼らを支えた技術者たちが、実際に試行錯誤と七転八倒を繰り返しながら取り組む姿を描く。

主演の高杉は映画の登場人物や自身が演じた役柄について「僕は個人的に(小木博明演じる)アサガワさん大好きなんですよ。大人になって夢に向かってぶつかっていくような。ついて行きたくなるような人が本当に好きで、ついて行きたくなるドイくんの気持ちがすごいわかるんですよ」と熱いコメント。「そう言う大人の人たちが周りにいっぱいいたから、この仕事をもっとしたいなと思うようになったんですよ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.