くらし情報『豪華ドレスで社会問題を訴える! オスカー授賞式のドレス選びがステキ過ぎる』

2020年2月15日 09:30

豪華ドレスで社会問題を訴える! オスカー授賞式のドレス選びがステキ過ぎる

豪華ドレスで社会問題を訴える! オスカー授賞式のドレス選びがステキ過ぎる


ナタリー・ポートマン

『パラサイト 半地下の家族』が作品賞、監督賞、脚本賞、国際映画賞の4冠を達成した第92回アカデミー賞。台詞が外国語の映画が史上初目て作品賞受賞、という快挙は世界中で大ニュースとなった。

・シアーシャ・ローナン、ティモシー・シャラメ、ペネロペ・クルスらのサスティナブルなドレスの画像はコチラ

事前には、女性監督候補の不在や俳優部門の候補はアフリカ系のシンシア・エリヴォ(『ハリエット』)を除いて全員白人だったことから、多様性を欠くと批判の声も多かったが、授賞結果がそれを覆す結果となった。

実は華やかなレッドカーペットでも、美しくドレスアップした出席者たちが思い思いの主張を装いに忍ばせていた。

ナタリー・ポートマンはディオールのドレスに黒のケープを羽織り、色調は地味だったが、実はケープに金糸で刺繍があった。それはグレタ・ガーウィグ(『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』)、ルル・ワン(『フェアウェル』)、ローリーン・スカファリア(『ハスラーズ』)など、前哨戦の映画賞で高い評価を受けながらオスカー候補に選出されなかった女性監督たちの名前。自身も監督として映画を撮るナタリーならではの主張だった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.