くらし情報『セクハラ被害者90人超の米大物プロデューサーに第1級性暴力の判決下る』

2020年2月25日 20:31

セクハラ被害者90人超の米大物プロデューサーに第1級性暴力の判決下る

セクハラ被害者90人超の米大物プロデューサーに第1級性暴力の判決下る


TwitterでTime’s Upへの参加を呼びかけたリース・ウィザースプーン

アメリカの元大物プロデューサー、ハーヴェイ・ワインスタインに24日(現地時間)、ニューヨーク裁判所で有罪評決が下された。

・セクハラ訴追のワインスタイン、48億円で和解交渉

2017年10月、ニューヨーク・タイムズ紙にワインスタインのセクハラを告発する記事が掲載され、その後に次々と被害者が名乗りを上げ、「MeToo」運動が起こるきっかけとなり、訴え出た被害者の数は90人を超えている。

今回の裁判では2006年と2013年に2人の女性に対する性的暴行について、強姦罪2件、性的暴行罪2件、犯罪性的行為1件の5件で起訴され、ワインスタインは全て無罪を主張していた。

男性7人女性5人からなる陪審団によって、ワインスタインはワインスタイン・カンパニーの元社員ミリアム・ハーレイへの第1級性暴力と新人女優だったジェシカ・マンへの第3級レイプと有罪判決を受け、量刑は3月11日(現地時間)に確定。最高で禁錮29年が科される可能性があるが、終身刑の可能性もある第1級レイプと略奪的性的暴行については無罪となった。

今回の評決は「MeToo」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.