くらし情報『角川春樹最後の監督作品に薬師丸ひろ子と渡辺典子が出演!』

2020年4月3日 10:00

角川春樹最後の監督作品に薬師丸ひろ子と渡辺典子が出演!

角川春樹最後の監督作品に薬師丸ひろ子と渡辺典子が出演!


『みをつくし料理帖』に出演する薬師丸ひろ子(右)と渡辺典子(左)
(C)2020映画「みをつくし料理帖」製作委員会

角川春樹の生涯最後の監督作品で、松本穂香が主演をつとめる映画『みをつくし料理帖』に、薬師丸ひろ子と渡辺典子が出演していることがわかった。2人は原田知世とともに、角川映画の歴史において“角川3人娘”として一世を風靡した女優たちである。

・『みをつくし料理帖』に出演する薬師丸ひろ子と渡辺典子のアップ写真

薬師丸は、『野性の証明』(78年)の長井頼子役オーディションで選ばれ、スクリーンデビューをはたし、その後、1981年に角川春樹が製作した『セーラー服と機関銃』に主演。映画のタイトルと同名の主題歌も大ヒットとなり、一躍時の人となる。

一方、渡辺は82年4月、齋藤光正監督の映画『伊賀忍法帖』のヒロインオーディションでポスト薬師丸ひろ子を決める「角川映画大型新人女優募集」でグランプリを受賞し、芸能界デビュー。その後は、薬師丸、原田とともに1980年代の角川映画を担う存在となった。

そんな2人が、角川春樹最後のメガホン作『みをつくし料理帖』に特別出演する。薬師丸が演じるのは、藤井隆扮する戯作者・清右衛門の妻・お百。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.