くらし情報『高熱に吐き気、床を這いながらトイレヘ。トム・ハンクスがコロナ発症を振り返った』

2020年4月20日 20:09

高熱に吐き気、床を這いながらトイレヘ。トム・ハンクスがコロナ発症を振り返った

高熱に吐き気、床を這いながらトイレヘ。トム・ハンクスがコロナ発症を振り返った


トム・ハンクス

3月に新型コロナウイルスに感染、発症したトム・ハンクスが、自身の経験を改めて詳細に語った。

・高熱とひどい頭痛、新型コロナ感染のオルガ・キュリレンコがインスタで経過報告

ラジオ番組でハンクスは妻のリタ・ウィルソンと滞在先のオーストラリアで感染が確認され、地元の病院などで2週間の隔離生活を送った。ハンクスは「体が少し痛く、ひどい倦怠感がありました」と振り返る。地元の病院には3日間入院したが、少しストレッチ運動をしようとしたところ、ルーティンの半分もこなせないうちに疲れ果ててしまったと言う。「医師だったのか看護師なのか、誰かは分かりませんが、私たちが隔離されていた陰圧室に入ってきた女性に『気分はいかがですか?』と聞かれて、『変なんです。簡単なストレッチとエクササイズをしようとしたら、半分もできなくて』と答えたら、呆れたような表情で『あなたはCOVID-19に罹っているんですよ』と言われました」

ハンクスによると妻の症状はより重く、「高熱に加えて、味覚と嗅覚を失いました。3週間近く、何を食べても美味しいと感じなかったそうです」「吐き気もひどく、ベッドから床を這いながら、トイレに行く状態がしばらく続きました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.