くらし情報『赤川次郎、重松清、西尾維新…50人超の人気作家たちが日替わり小説リレー』

2020年5月5日 12:00

赤川次郎、重松清、西尾維新…50人超の人気作家たちが日替わり小説リレー

赤川次郎、重松清、西尾維新…50人超の人気作家たちが日替わり小説リレー


小説リレー企画「Day to Day」のビジュアル
画像は「TREE」公式ツイッターより

講談社運営の文芸ニュースサイト「TREE」が5月1日、「Day to Day」と題した小説リレー企画をスタートした。人気作家たちが日替わりで腕をふるい、新型コロナウイルス(以下、コロナ)にまつわる掌編小説やエッセイを展開する。

・[動画]ゆきぽよ、お願いだから家でおとなしく/新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた日本医師会メッセージ動画

同社は今回、コロナの感染拡大に伴う非常事態宣言を受け、「数年経っても、この時のことを忘れずに前に進める企画」として「Day to Day」を実施。2020年4月1日以降の日本を舞台に、各作家が1日ずつ担当し、掌編やエッセイを手がける。日本を代表する50名以上の著者が執筆を予定している。

初日の5月1日には、辻村深月が「今日からはじまる物語」と題して、4月1日にまつわる掌編を披露。コロナ騒動でなくなったエイプリルフールを、子供の目線で語った。

翌2日には、漫画原作者にして「物語」シリーズで知られる小説家、西尾維新が登場。隠館厄介(かくしだて・やくすけ)と、忘却探偵・掟上今日子(おきてがみ・きょうこ)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.