くらし情報『『スター・ウォーズ』新作映画監督にタイカ・ワイティティが決定。動画配信には新シリーズ登場!』

2020年5月8日 06:00

『スター・ウォーズ』新作映画監督にタイカ・ワイティティが決定。動画配信には新シリーズ登場!

実はSWはクリエイティブ面で監督とルーカスフィルム側が対立することがあり、『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』ではフィル・ロード&クリストファー・ミラーからロン・ハワード、『スカイウォーカーの夜明け』ではコリン・トレヴォロウからJJエイブラムスと、2度監督交代劇があった。

そんななか、ワイティティに白羽の矢が立った理由は何か。SWの動画配信作品『マンダロリアン』の実績が大きいだろう。シーズン1の最終第8話の演出を手がけており、映画情報サイトIMDB.comによるファンの評価では9.4と全8話の中で最も高いスコアを獲得している。さらに、『マイティ・ソー/バトルロイヤル』で大作映画の経験があることや、『ジョジョ・ラビット』でアカデミー賞脚色賞を受賞した独創的なストーリーテリング力もルーカスフィルムに高く評価されての起用と推測される。

またルーカスフィルムは、動画配信サービス「ディズニープラス」で新しいSWの動画配信作品を、ドラマ『ロシアン・ドール:謎のタイムループ』のスリー・ヘッドランドがシリーズの中心的クリエイターとして脚本と製作総指揮を担当することも発表した。SWの動画配信作品は『マンダロリアン』のシーズン2がポストプロダクション中で、『ローグワン』に登場したキャシアンを主人公にした作品、ユアン・マクレガーを主人公に若き日のオビ=ワンを描く作品が発表されている。新作映画に動画配信作品とSW世界はまだまだ広がっていく。(文:相良智弘/フリーライター)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.