くらし情報『Appleがスコセッシ監督最新作を製作。製作費高騰も、Netflixほかと争奪戦』

2020年5月29日 19:14

Appleがスコセッシ監督最新作を製作。製作費高騰も、Netflixほかと争奪戦

Appleがスコセッシ監督最新作を製作。製作費高騰も、Netflixほかと争奪戦


マーティン・スコセッシ監督

マーティン・スコセッシ監督がレオナルド・ディカプリオとロバート・デ・ニーロを主演に迎える新作『Killers of The Flower Moon(原題)』を、Appleが製作することが明らかになった。

・製作費約200億円! Netflixとスコセッシ監督がタッグ組む『アイリッシュマン』

デイヴィッド・グランの同名ノンフィクション「花殺し月の殺人 インディアン連続怪死事件とFBIの誕生」の映画化で、1920年にオクラホマ州で起きた先住民オセージ族の連続殺人事件に絡む石油利権と人種問題が絡む陰謀に迫る。

当初はパラマウント製作・配給とされていたが、製作費の高騰が予測されてパラマウントが離脱、ユニバーサルなど大手映画会社から配信サービス会社まで各社が権利争奪戦を繰り広げていた。

この経緯は監督の前作『アイリッシュマン』と同じで、同作を配給したNetflixは今回も名乗りを上げたが、Appleが権利を得た。

Apple TV+ではトム・ハンクス主演の『Greyhound(原題)』のプレミア配信が先頃決定したばかりだが、それと並ぶ大作がラインナップに加わった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.