くらし情報『「ハリポタ」原作者の差別的発言をエマ・ワトソンらが批判』

2020年6月12日 22:35

「ハリポタ」原作者の差別的発言をエマ・ワトソンらが批判

「ハリポタ」原作者の差別的発言をエマ・ワトソンらが批判


エマ・ワトソン公式ツイッターより

先日、「ハリー・ポッター」シリーズの作者、J.K.ローリングがトランスジェンダーに対して差別的な発言をしたとして、ネット上で批判が殺到、映画版の『ハリー・ポッター』シリーズのキャストたちからも彼女に反対するコメントが相次いでいる。

・6月のプライド月間祝い、エレン・ペイジはトップレスでパートナーとハグ!

ローリングは6日(現地時間)に、「Devex.com」に掲載された意見記事(新型コロナウイルス感染が広がる世界で女性が月経を衛生的に管理できる環境作りについて)を引用し、記事中の「月経のある人たち」という記述に触れて、「そういう人々を指す単語があったはずだけど。誰か教えて。Wumben? Wimpund? Woomud?」と、記事に「女性たち(Women)」という言葉が使われなかったことを指摘した。

このツイートは「月経がある人のみが女性」と主張するようにも受け取れることから、病気など様々な理由で月経がない女性たちからの反発や、反トランスジェンダーだとして批判が寄せられた。

アメリカの歌手、メアリー・ランバートは「トランス女性は女性であり、彼女たちは生きるために戦っている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.