くらし情報『山崎賢人、タイムトラベル古典の実写化映画『夏への扉』で主演!』

2020年6月29日 19:00

山崎賢人、タイムトラベル古典の実写化映画『夏への扉』で主演!

山崎賢人、タイムトラベル古典の実写化映画『夏への扉』で主演!


「夏への扉」場面写真
(C)2021「夏への扉」製作委員会

俳優の山崎賢人が、米SF作家ロバート・A・ハインラインのタイムトラベル小説「夏への扉」(56年)の初実写映画で主演をつとめることがわかった。

・高畑充希、山崎賢人の顔芸を絶賛!「国境を超える」

本作は、舞台をアメリカから日本に移して再構築。1995年の東京で、ロボット科学者の高倉宗一郎(山崎)は、亡き父の親友・松下の遺志を継いだプラズマ蓄電池の完成を目前に控え、愛猫のピートと、松下の娘・璃子との穏やかな日常の中で、研究に没頭する日々を送っていた。しかし共同経営者らの裏切りにあい、自身の会社も発明途中のロボットや蓄電池も奪われてしまう。さらに宗一郎は、人体を冷凍して未来に行ける装置「コールドスリープ」に入れられ、目が覚めた時そこは、2025年の東京だった。ピートや璃子の死を知った宗一郎は、変えられた運命を取り戻すため、30年の時を超えてリベンジを誓う、というストーリーが展開される。

撮影は2020年初旬に実施。1995年時の撮影では、当時使われていた小道具をスタッフが集めたり新たに作り上げたりしながら、詳細に再現。キャスト・スタッフが一丸となり、30年の時を超えて描かれるドラマティックな数々のシーンを紡ぎだしたという。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.