くらし情報『米、コロナ感染再拡大で映画の公開日延期が相次ぐ、ディズニーランドも無期限休止』

2020年6月30日 07:00

米、コロナ感染再拡大で映画の公開日延期が相次ぐ、ディズニーランドも無期限休止

米、コロナ感染再拡大で映画の公開日延期が相次ぐ、ディズニーランドも無期限休止


全米での公開日が3月27日から7月24日に延期され、さらに8月21日に再延期された実写版『ムーラン』
(C)2020 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

7月はメジャー大作の新作公開がなくなる。

6月26日〜27日にかけて、ワーナー・ブラザースが、クリストファー・ノーラン監督の新作『TENET テネット』のアメリカでの公開日を7月31日から8月12日、ウォルト・ディズニーが『ムーラン』の公開日を7月24日から8月21日に延期すると発表した。この2本の公開延期により、7月はハリウッドメジャー大作の新作公開がなくなる。

・米シネコン最大手が22億ドルの損失、映画館再開に期待寄せる

6月中旬にワーナーは、『テネット』の公開日を7月17日から7月31日に変更すると発表していた。ノーラン監督作品はこれまで7月中下旬に公開されることが多く、監督が7月公開にこだわり、ワーナーが公開延期を最小限にとどめたといわれていた。だがアメリカでは新型コロナウィルスの感染が再び拡大しており、一部の州で経済活動の再開を停止したり、ディズニーはカリフォルニア州内のテーマパークやリゾートの再開を無期限で延期している。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.