くらし情報『毒母映画3本に見る、母と子の共依存と格差社会におけるシングルマザーの生きづらさ』

2020年7月4日 08:00

毒母映画3本に見る、母と子の共依存と格差社会におけるシングルマザーの生きづらさ

毒母映画3本に見る、母と子の共依存と格差社会におけるシングルマザーの生きづらさ


『MOTHER マザー』
(C)2020「MOTHER」製作委員会

大森立嗣監督が長澤まさみとタッグを組んだ映画『MOTHER マザー』が公開中だ。

同作で彼女が演じるのは、男たちとゆきずりの関係をもちながら、その場しのぎで生きてきたシングルマザーの秋子。彼女は借金を繰り返し、生活保護費もすぐにギャンブルで使い果たしてしまうような自堕落な生活を送っている。息子の周平を学校に通わせることもできない。社会から孤立し、闇に墜ちていく秋子だが、息子に対しては奇妙な執着を見せる。彼女の劇中の言葉を借りるならば、子どもを「なめるようにしてずっと育ててきた」。ある種、共依存ともいうべき母子の関係性だが、それがやがてとんでもない事件を巻き起こす——。まさに女優・長澤まさみの新境地ともいうべき役柄となる。

そこで今回は、いくつかの映画を通じて描かれてきた母子の関係性について見てみたい。

・ BLACKLIVESMATTERを知るための3本、米人種差別の現実を描いた問題作

映画『MOTHER マザー』を見ると、破滅的に生きる秋子の姿に驚きながらも、一方でどんな母親であっても、子どもたちにとっては母親なのだという複雑な感情を抱いてしまう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.