くらし情報『お仕事ドラマから見えてくる、働くことの意味とは?』

2020年7月3日 18:00

お仕事ドラマから見えてくる、働くことの意味とは?

お仕事ドラマから見えてくる、働くことの意味とは?


『ハケンの品格(2020)』Huluで配信中
(C)NTV

ここ数年、声高に叫ばれているもののひとつといえば「働き方改革」だが、新型コロナウィルスをきっかけとした自粛期間を経たいま、新たな改革の必要性を感じている人も多いだろう。そこで、現在話題となっている“お仕事エンタテイメントドラマ”を6月のHulu月間ランキングより取り上げたい。

・松嶋菜々子主演の伝説ラブコメ『やまとなでしこ』20年ぶり再放送にファン歓喜「嬉しすぎる!!」

今回ムビコレが注目するのは、5位にランクインした『ハケンの品格(2020)』。2007年に篠原涼子が主演を務めて人気を博したドラマの続編であり、13年振りの復活となる。前作に引き続き、主人公は、“伝説のスーパーハケン”大前春子。かつての勢いを失ってしまった食品商社S&Fに春子が舞い戻るところから物語は始まり、さまざまなトラブルを痛快に解決していく。

前作が放映されていた当時と比べると、働き方のみならず、働く人たちの意識も社会もシステムも、そして派遣の立ち位置も大きく変わっている。しかし、令和という新しい時代に生きる社会人たちも、本作を通じて仕事とは何かを改めて考えさせられることだろう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.