くらし情報『【ロンドン通信】イギリスで映画館が105日ぶりに再開!ミュージカル界は野外シアターに活路』

2020年7月13日 21:47

【ロンドン通信】イギリスで映画館が105日ぶりに再開!ミュージカル界は野外シアターに活路

【ロンドン通信】イギリスで映画館が105日ぶりに再開!ミュージカル界は野外シアターに活路


ODEON(7/4に撮影)

飲食店やレジャー施設の再開が許可された現地時間7月4日土曜日、イギリスで3月以来はじめて、105日ぶりに映画館が再開された。だがこの日に合わせて再開したのはODEONなど、一部の映画館にとどまる。再開に当たり、政府と業界団体が安全対策としてまとめたガイダンスは29ページにも及び、準備のために「9月まで再開を見送る」とするミニシアターもあったほどだ。

・【ロンドン通信】イギリス、7月4日から制限緩和「ステップ3」へ。パブに105日ぶり客

“アフターコロナ”の話題作として世界的に注目されていた新作映画、クリストファー・ノーラン監督作『TENET テネット』とディズニーの実写版『ムーラン』は、アメリカ国内の感染状況の悪化を受けて全米公開日が再延期となった。英シネコンチェーンCineworldは当初7月10日に再開予定だったものの、2作の動向を受けて、急きょ再開日を7月31日に後ろ倒しした。VUEはまだ再開時期を発表していない。

Screen Dailyによると、イギリス(※イングランド)とアイルランドで再開した72の映画館から集計された、再開後初の週末ランキングは1位が『2分の1の魔法』(£21,626/約280万円)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.