くらし情報『『日本沈没2020』の音楽が秀逸すぎる! 環境音楽の第一人者・吉村弘も起用』

2020年7月14日 20:00

『日本沈没2020』の音楽が秀逸すぎる! 環境音楽の第一人者・吉村弘も起用

『日本沈没2020』の音楽が秀逸すぎる! 環境音楽の第一人者・吉村弘も起用


『日本沈没2020』
2020年7月9日よりNetflixにて独占配信中

湯浅政明監督のNetflixオリジナル作品『日本沈没2020』の配信がスタートした。小松左京の原作小説はこれまでに2度、1973年と2006年に実写映画化されており、テレビドラマやラジオドラマにもなっているが、アニメ化されるのは今回が初めて。本作の音楽的な注目ポイントは、これまで湯浅監督と『ピンポン THE ANIMATION』や『DEVILMAN crybaby』でタッグを組んできた牛尾憲輔が劇伴を担当していること。劇中に巷で話題の「環境音楽」の重要曲が使われていること。オープニングに大貫妙子&坂本龍一の名曲「a life」が使われていることの3つだ。

・ 『攻殻』最新作でKing Gnu・常田大希の才能全開

まずは牛尾憲輔の劇伴について。ソロユニット=agraphとして活動しながら電気グルーヴのサポートメンバーもこなす牛尾は、以前からアニメ好きを公言し、湯浅監督作品以外にも山田尚子監督の『映画 聲の形』や夏目真悟監督の『ブギーポップは笑わない』などの音楽も手がけている。どの作品にも共通しているのは、テクノ畑のミュージシャンでありながらそこに留まらない豊かな音楽性。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.