くらし情報『ちゃんと先端をくわえないと喉奥に…「ボンボンアイス」の思い出』

2017年2月10日 19:30

ちゃんと先端をくわえないと喉奥に…「ボンボンアイス」の思い出

img_0387

(C)aoi

幼いころに食べた駄菓子。

いまのアラサーやアラフォー世代が小さいとき、現在ほどコンビニはなかった。その代わり、いまではほとんど見なくなってしまった、『○○商店』というような駄菓子屋さんはよくあった。おやつと言えば駄菓子で、よく母親に小銭をねだって兄弟で買い物に行ったものだった。

img_0389

(C)aoi

大体一度にもらえる小銭は50円で、駄菓子であれば充分買えた。定番の紐アメやラムネ、ヨーグルなどが人気だったと思う。

img_0388

(C)aoi

特に印象に残っているのは『ボンボンアイス』というものだ。

地域やメーカーによって名前が違うようだが、『爆弾アイス』や『おっぱいアイス』などとも呼ばれるらしい。ゴム風船のような物にアイスが入っている。

丸くぱんぱんにアイスが入っており、注入口には留め具が付いていたり輪ゴムがついている。

img_0390

(C)aoi

ハサミなど持ち歩いていないので歯で先端を噛み切る。口に入れると、独特のゴム臭がする。この丸い形状がなんとも食べづらく地面に落としてしまったり、手が冷えてしまうのを覚えている。

img_0391

(C)aoi

そして必ずと言っていいほど、最後はゴムが縮む力で、勢いよくアイスが飛び出してくる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.