くらし情報『侍ジャパン四番争いでDeNA筒香に日ハム中田翔が嫉妬する理由』

2017年2月15日 07:00

侍ジャパン四番争いでDeNA筒香に日ハム中田翔が嫉妬する理由

侍ジャパン四番争いでDeNA筒香に日ハム中田翔が嫉妬する理由

fresco2 / PIXTA(ピクスタ)

最近、北海道日本ハムファイターズの主砲の中田翔の影が薄い。

いま、世間は同じく北海道日本ハムファイターズの大谷翔平、横浜DeNAベイスターズの筒香嘉智のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)出場の話で持ち切り。大谷は右足首痛で辞退となったが、それでも話題になってしまう。

「中田はWBCにも選出され、日本を代表する選手には違いないのですが、いかんせん話題が少ない。昨年は打点王を取りましたが、人気面では完全に大谷にさらわれた感じ。大谷人気は悔しいみたいですよ。ひところはヤンチャの中田はネタの宝庫でしたが、メッキリ地味になりましたね」(スポーツ紙記者)

大谷はさておき、WBCの興味のひとつは四番に誰が座るのかということだ。現時点で中田と筒香の争いという声があるが…。

「おそらく筒香になるのではないか。中田はこれまで打点王を2度取っていますが、バッティングが粗く確実性に乏しい。プロ9年間の通算打率が2割5分7厘。昨シーズンは2割5分。ちょっとではなく、かなり物足りない。やはり四番は少なくとも2割7分はほしい」(同・記者)

一方、筒香は昨シーズン、44本塁打、110打点、打率3割2分2厘と本塁打と打点の二冠王。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.