くらし情報『平昌冬季五輪よりソチ五輪時の「ドーピング問題」が大事な韓国』

2017年2月19日 10:00

平昌冬季五輪よりソチ五輪時の「ドーピング問題」が大事な韓国

平昌冬季五輪よりソチ五輪時の「ドーピング問題」が大事な韓国

Dmitry Fisher / PIXTA(ピクスタ)

平昌冬季五輪まであと1年と迫ったが、主催国である韓国国内は、大統領を巡る疑惑もあってか、全く盛り上がりを見せていない。それどころか、前大会のソチ五輪で銀メダルを獲得した元フィギュアスケート選手のキム・ヨナに対する処遇について、インターネットメディアを中心に議論が再燃しているのだ。

「組織的隠蔽も疑われているロシアのドーピング問題で、調査対象となったソチ五輪出場の28選手のなかに、フィギュアスケート金メダリストのアデリナ・ソトニコワも含まれていることが判明したのです。それを見た途端、韓国のキム・ヨナファンが『金メダルを返せ』と騒ぎ始めたのです」(特派記者)

韓国大手新聞社の中央日報もこの問題を扱っており、各メディアとも《禁止薬物の使用が判明すれば、平昌五輪前にメダルはキム・ヨナに帰ってくる》と報じた。

当事者のキム・ヨナは“大人の対応”で、この問題にはほとんど触れず静観の構えを見せている。ところが、もし、ソトニコワの当時の検体がドーピング検査で陽性となった場合だが、ロシア当局は“別の意味”でメダル返還に応じられないようだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.