くらし情報『豊洲問題で会見する石原慎太郎元都知事のおぞましい暴言の数々』

2017年3月1日 10:30

豊洲問題で会見する石原慎太郎元都知事のおぞましい暴言の数々

豊洲問題で会見する石原慎太郎元都知事のおぞましい暴言の数々

(C)まいじつ

東京都議会は、豊洲新市場の移転問題を検証するため、百条委員会の設置を決定した。石原慎太郎元知事らの証人喚問は3月18~20日の間で実施される見通しだ。また、石原氏自身も3月3日に記者会見を開くことを明言している。

石原氏は、2003年の東京都知事選挙で300万票以上を獲得して再選を果たすなど、かつては人気政治家として栄華を極めた時代があった。しかし、いまではまるで“罪人”のごとく、豊洲市場問題の黒幕として表舞台に引きずり出されようとしている。小池百合子都知事の方がメディアや有権者へのアピールが上手であることを差し引いても、ここまで石原氏が凋落したのはなぜだろうか。

「昨年の都知事選では、石原氏の小池都知事に対する『大年増の厚化粧』という発言が批判されました。しかし、石原氏は昔から暴言や差別発言を繰り返してきた人です。女性を中心に、かなり多くの人がそれを覚えているので、石原氏の失政だけでなく、その人となりが批判されているのです」(全国紙政治部記者)

いままで石原氏は、一体どんな酷い発言をしてきたのか振り返ってみよう。

1999年9月に重度の知的・身体障害者療養施設を視察したあとで、「(重度の障害者について)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.