くらし情報『「トランプは賢い政治家」だと持ち上げていた北朝鮮の危機』

2017年3月4日 10:00

「トランプは賢い政治家」だと持ち上げていた北朝鮮の危機

「トランプは賢い政治家」だと持ち上げていた北朝鮮の危機

(C)Shutterstock

昨年5月、北朝鮮のメディアは当時のトランプ大統領候補を強烈に“支持”していた。彼を「賢い政治家」と呼び、北朝鮮にとって有益な人物だと礼賛の嵐だった。

「当時の北朝鮮の対外宣伝ウェブサイト『朝鮮の今日』は論説で、トランプを《長期的な視点を持っている》と評していました。この論説を執筆したのは、朝鮮系中国人から北朝鮮に帰化したハン・ヨンムクなる人物で、そのなかでトランプの米軍に関する政策が、“ヤンキー・ゴー・ホーム”という北朝鮮の標語を現実のものにすると、述べていたのです。当時のトランプの『金正恩党委員長と会う用意がある』、『日韓は駐留米軍の費用を全額負担すべきだ、そうでなければ米軍の撤収も覚悟すべきだ』などの恫喝寸前の演説を受けてのもので、北朝鮮が長年求めてきたアメリカ軍の朝鮮半島撤収が可能になるとの、希望的観測を掲げていました。ちなみに『標語が現実になる日は、朝鮮半島統一の日だ』とまで絶賛していました」(北朝鮮ウオッチャー)

当時の日本は、トランプ大統領に対して、そのまんま東横山ノックなど、ポピュリズムという嵐によって当選するだけの、その可能性の低い政治家としか見ていなかった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.