くらし情報『「兄殺し」金正恩の未来を日本史から前例から推察すると…』

2017年3月8日 19:30

「兄殺し」金正恩の未来を日本史から前例から推察すると…

「兄殺し」金正恩の未来を日本史から前例から推察すると…

(C)まいじつ

“腹違い”の兄の金正男を暗殺した、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長には、どんな未来が待ち受けているのだろうか。血のつながっていない叔父の張成沢(チャン・ソンテク)氏を処刑したときは、高射砲で跡形もなく死体を消し去ったといわれる。そのため悪夢にさいなまれ、睡眠薬が手放せない状態だったというが、今回はそれ以上だろう。

日本史が正恩委員長の未来を教えてくれる。

結論から言えば、兄を亡き者にして権勢を振るった弟はいない。例えば戦国時代の甲斐国の武田家。本来であれば、武田信玄の跡継ぎは嫡男のはず義信だったが、義信は義父の今川義元に与して信玄に歯向かうようになり、廃嫡される。それに代わって当主に納まった四男の勝頼は、側室の子だったこともあって、武田家の家臣をまとめ切れなかった。そして結局、武田家は勝頼の代で滅亡している。

弟が兄を差し置いて家督を継ぎ権力を握って成功した例があるが、それは兄を亡き者にしなかったという共通項がある。織田信長の兄は、弟に屈服することで生きながらえた。上杉謙信の兄は、弟に家督を譲って世捨て人になった。

金正男氏は権力を目指さず、日本に3人とも4人ともいわれる愛人を持ち、かつては頻繁に来日していた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.