くらし情報『WBC山田哲人幻の本塁打後の対応に女子アナが惚れた』

2017年3月9日 19:30

WBC山田哲人幻の本塁打後の対応に女子アナが惚れた

WBC山田哲人幻の本塁打後の対応に女子アナが惚れた

(有)熊アート / PIXTA(ピクスタ)

野球の日本代表『侍ジャパン』が、3月8日に東京ドームで行われたワールド・ベースボール・クラシック(WBC)1次ラウンドB組の試合でオーストラリアと対戦。初戦に続いて投打がかみ合い4対1で快勝。2連勝を飾った。

世界一奪還に向け好発進となったが、このWBCは各局女子アナにとって品定めの場でもある。WBCでの活躍は選手としての名を上げるだけでなく、女子アナの評価も上がる。そんな中、“さわやか”で急上昇なのが東京ヤクルトの山田哲人だ。3月7日の対キューバ戦。1対1、四回裏二死で走者二塁の場面。是が非でも1点欲しい場面で山田の打った打球はレフトスタンドへ。

「誰しもが入ったと思いましたね。ベンチも『やった!』という感じで一気に盛り上がった。ところが直後に審判が集まり出し協議となり、ビデオ判定へ。結局二塁打となったのです」(スポーツ紙記者)

ボールがスタンドインする前にフェンスからグラブを差し出して捕球した観客がいたため、本塁打とは見なされず、二塁打と判定されたのだ。場内は一時騒然となったが、その後の五回裏には松田宣浩が3点本塁打を放ち、侍ジャパンペースで試合が進んだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.