くらし情報『女子卓球の黄金コンビ「みうみま」解消の意図』

2017年3月10日 16:00

女子卓球の黄金コンビ「みうみま」解消の意図

女子卓球の黄金コンビ「みうみま」解消の意図

(C)Shutterstock

3月4日に行われた卓球のジャパントップ12大会で、石川佳純が3大会ぶり3度目の優勝を果たした。だが、この石川の周囲で、ある問題が起きている。

「1月の全日本選手権後に、5月開催の世界選手権の代表メンバーが発表されました。全日本の女子シングルスを16歳で制した平野美宇は、ダブルスと両方の代表に選ばれました。ここまでは予想通りだったのですが、平野のパートナーには長年ペアを組んできた伊藤美誠ではなく、石川が選ばれたのです」(体協詰め記者)

この決定を下したのは、リオデジャネイロ五輪後に女子の代表監督に就任した馬場美香氏だ。馬場監督は成長著しい平野が右利きであることを指して、「左利きの石川と組んだ方が、より速くて攻撃的な卓球ができるのではないか」と、新たなコンビ結成の理由を説明した。しかし、平野と伊藤は同級生で、5歳からペアを組んできている。馬場監督の言う東京五輪を見据えた構想ならば、まだ10代の平野と伊藤というコンビのままでよかったのではないかという意見もある。

「東京五輪は、石川を中心にした選手編成で戦うというメッセージが込められているのです。でも、リオ五輪で代表3人から外れた平野が全日本選手権を制するなど、若手選手は日増しに強くなっています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.