くらし情報『侍ジャパンを勝利に導いた山田哲人と内川聖一の起用法』

2017年3月15日 12:40

侍ジャパンを勝利に導いた山田哲人と内川聖一の起用法

侍ジャパンを勝利に導いた山田哲人と内川聖一の起用法

siiixth / PIXTA(ピクスタ)

2017ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の2次ラウンドで、野球日本代表ジャパン』は2戦目をキューバと戦い、8対5で勝利を収めた。ジャパンは今大会5連勝で、ベスト4の出揃う決勝ラウンドへの進出に王手を掛けた。

キューバとは1次ラウンドでも対戦し、ジャパンは終始リードをする展開で11対6というスコアで勝利している。2度目の対戦には菅野智之が先発登板したが、投球内容が乱調で1次ラウンドのときのような、日本主導の試合展開にはならなかった。

「コントロールが悪すぎました。(捕手の)小林誠司の構えたところと逆方向にボールが抜けることが多かったのです」(スポーツ紙記者)

菅野は試合前に「最低でも六回までは(投げたい)」と意気込んでいたが、4回を4失点でマウンドを下りることになった。まさに不調である。

そんな不振の菅野に対し、ジャパンのスタッフは記者団と違う見解を語っていた。

「キューバはベンチからコースや球種を教える“文化”があるのです。バッテリーがサインを交換すると、キューバベンチから一斉に声が出ていました。菅野が『サインを読まれた』と直感し、意図的に逆方向に投げたボールもいくつかあった」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.