くらし情報『スピードスケート小平奈緒はなぜ今季全勝の偉業を果たせたのか』

2017年3月17日 19:00

スピードスケート小平奈緒はなぜ今季全勝の偉業を果たせたのか

スピードスケート小平奈緒はなぜ今季全勝の偉業を果たせたのか

(C)Shutterstock

スピードスケートのワールドカップ(W杯)今季最終戦で、小平奈緒が優勝した。これで小平は今季のW杯の8戦全てで優勝を果たした。

小平は昨年10月から約5カ月間、長距離移動を繰り返しながらも、一度も体調を崩さなかったタフな体を誇る。競技こそ違うが、W杯で史上最多タイの53勝を上げた高梨沙羅は、調整の失敗で敗れた大会がある。小平の全勝は、並大抵のものでは成し遂げられない快挙だ。

「小平はトリノ五輪にも出場しており、2009年全日本スピードスケート距離別選手権大会で500、1000、1500mの3種目を一度に征しています。しかし、その後は目立った成績を残せていなかったため、もう大きな大会で活躍することはないだろうと言われていました」(体協詰め記者)

若くして頭角を現した選手が壁にぶつかり、そのまま消えてしまうことはある。しかし、小平はそこから這い上がった。

「3年前のソチ五輪では500mに照準を絞り、5位入賞を果たしました。でも、小平の潜在能力なら、もっと上を目指せたはずです」(同・記者)

その後、小平はオランダに拠点を置き、フォーム改造などに取り組んだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.