くらし情報『引退した木村沙織と対照的な道を歩むベテラン栗原恵』

2017年3月24日 19:00

引退した木村沙織と対照的な道を歩むベテラン栗原恵

引退した木村沙織と対照的な道を歩むベテラン栗原恵

Ishadow / PIXTA(ピクスタ)

女子バレーボールの中心選手として活躍した木村沙織が、3月22日に所属チームの練習場で現役引退の記者会見を開いた。

「以前ほど負けて悔しい気持ちがなくなりました。アスリートである限り勝負にこだわらなければならないと思いました」

木村は2004年のアテネ五輪の出場で、女子バレーボール史上最年少の17歳で五輪出場を果たすと、同五輪から4大会連続で五輪のコートに立った。ロンドン五輪では、日本の28年ぶりの銅メダル獲得に貢献し、去年のリオジャネイロ五輪でキャプテンを務めた。

この木村の引退で、再び注目を集めているのが、かつて“プリンセス・メグ”と呼ばれ活躍した栗原恵だ。

「女子バレーボールの世界では、30代の現役選手が本当に少なくなりました。栗原のように、必要とされる限りとことんまで現役を続けるという姿勢は、木村とはまさに対照的です。どちらがいいという話ではなく、木村が実力の衰える前に辞めたことで、栗原に注目が集まり始めました」(体協詰め記者)

栗原といえば木村よりもひと足先に注目された選手だ。19歳だった2003年のワールドカップで活躍し、同級生の大山加奈とともに“メグカナ”と呼ばれて人気を博した。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.