くらし情報『太川陽介と蛭子能収の去った「路線バスの旅」評判と課題』

2017年3月31日 07:00

太川陽介と蛭子能収の去った「路線バスの旅」評判と課題

太川陽介と蛭子能収の去った「路線バスの旅」評判と課題

(C)Shutterstock

テレビ東京系で放送されている人気シリーズ番組『ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z』が3月25日に放映された。

前シリーズでは太川陽介と蛭子能収のコンビが好評で、人気が定着して第25弾まで続いた。今回からは、新しい出演者コンビで、俳優の田中要次と、芥川賞作家の羽田圭介が登場。毎回変わるゲスト出演者のマドンナには、IMALUを迎えて、静岡県にある下田港から、愛知県の師崎港まで、ローカル路線バスのみを使用して3泊4日で移動し、見事にゴールしてみせた。

太川陽介と蛭子能収のコンビがこのシリーズ番組の名物だったが、長く続いたこともあってか、ふたりの掛け合いも少々マンネリ気味となっていた感は否めなかった。さらに、ふたりには不仲説まで飛び出していたが、これについては噂の域を出ない…。それはさておき、同番組は人気に火が付いたのは、2008年に放送された第2弾の日本橋から京都へ向かう放送回で、シリーズの最高視聴率15.3%を記録している。その後も10%台を連発する人気を誇っていたが、第20弾を越えたころにはひと桁台に低迷。テコ入れが検討されていた。

そんな中、昨年11月に放送された特別編で、初めて田中と羽田のコンビが登場し、熱海~金沢間のバス旅を成功させた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.