くらし情報『金正男氏は暗殺されたマレーシアで何をしていたのか』

2017年4月8日 17:30

金正男氏は暗殺されたマレーシアで何をしていたのか

金正男氏は暗殺されたマレーシアで何をしていたのか

(C)Shutterstock

アメリカ外交問題評議会の上席研究員が、同評議会のブログに《マレーシア政府は何のために正男氏を自由に出入国させていたのか…謎は深まるばかりだ》と記した。

「正男氏は、北朝鮮が金正恩体制への移行が明らかになった際に、自身の置かれた立場がすでに不安定になっていることを十分に分かっていました。彼はそれ以前、10年以上にわたり海外での生活を余儀なくされており、金正日の後継候補から外れたことを不憫に思った正日が、莫大な海外資金を与えています。2013年に粛清された叔父の張成沢(チャン・ソンテク)や正日の実妹の金敬姫(キム・ギョンヒ)も、正男氏への経済的な援助を怠らず、絶えず連携していました」(北朝鮮ウオッチャー)

マレーシアは、なぜ正男氏の自由な入国を認めていたのか。北朝鮮は東南アジアのいくつかの国と外交関係を持っているが、マレーシアとは2009年にビザなしでの往来に合意している。また、正男氏は2014年ごろからマレーシアだけでなく、シンガポールにも頻繁に渡航と滞在をしている。そのため、中国系シンガポール人の愛人がいたとされるものの、その行方はようとして知れない。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.