くらし情報『40歳を過ぎたら受けた方がいい乳がん&子宮がん検診』

2017年4月17日 07:00

40歳を過ぎたら受けた方がいい乳がん&子宮がん検診

40歳を過ぎたら受けた方がいい乳がん&子宮がん検診

Ushico / PIXTA(ピクスタ)

最近20~30代にも増え始めているのが、乳がんや子宮がんだ。年齢が高くなるにつれ、発症率も高くなる。そのため、40歳を過ぎたら四の五の言わずに毎年必ず検診を受けたほうがいい。どちらも、早期に発見できれば治せる確率が高くなる病気だからだ。

乳がんは40代後半から50代にかけてが発症のピーク。しかも、がんのなかでも自分で発見できる可能性の高いがんだ。毎月、生理後1週間~10日目のあいだ、乳房が柔らかくなる時期にチェックをするといい。入浴時に鏡と対峙して、左右の乳房にゆがみやひきつれ、えくぼのようなへこみがないか。触ってみて、しこりやこぶがないかをセルフチェックをしよう。違和感は日々との比較で容易に気が付くことができるはずだ。

子宮がんには、子宮の奥にできる『子宮体がん』と、子宮の入り口にできる『子宮頸がん』がある。近年は、子宮頸がんが20~30代の若い女性に急増している。子宮体がんは30代から増え始め、40歳以降の閉経前後に多くなる。

また、子宮だけでなく、卵巣がんも注意しなければならない。初期の場合は、片方の卵巣や子宮を残して治療することもでき、妊娠の可能性を残せる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.