くらし情報『フジテレビ次期社長を巡るキナ臭い話#1』

2017年4月19日 07:00

フジテレビ次期社長を巡るキナ臭い話#1

フジテレビ次期社長を巡るキナ臭い話#1

kazukiatuko / PIXTA(ピクスタ)

フジテレビの専務取締役である遠藤龍之介氏が、次期社長に内定したと、一部の週刊誌が報じた。現在の亀山千広社長は、2013年6月の就任以来、年間視聴率を下げ続けている。

亀山社長はプロデューサーだった1996年に『ロングバケーション』(主演:木村拓哉山口智子)を大ヒットさせている。いわゆる“月9”枠のドラマで、当時の瞬間最高視聴率は43.8%を記録するという、いまのテレビ界では考えられない数字を獲得していた。またメディアミックスという手法を仕掛け、『踊る大捜査線』(主演:織田裕二)シリーズの『THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』は日本の実写映画歴代興行収入のトップを記録した。

ところが、いまや業績悪化は深刻だ。フジテレビは2015年上期の決算が、1997年の上場以来、初めて営業赤字に転落。2016年4~12月の放送収入も前年同期から減少している。

こんな状況のフジテレビで、次期社長候補として名前の挙がった遠藤龍之介氏は、一体どんな人物なのか。

遠藤氏は芥川賞作家の遠藤周作のひとり息子で、慶應幼稚舎から付属中高に進み、慶應大学文学部仏文学科を卒業。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.